雨楽な家・笑家族・R+house名古屋南店の有限会社タケウチ技建|愛知県で注文住宅を建てるなら自然素材を使用した安心の家づくり、タケウチ技建へご相談下さい。

有限会社タケウチ技建

ご不明な点・ご相談などお気軽にお電話ください

0120-939-685
現場リポート
*

現場リポート

Y様邸『笑家族』新築工事
I様邸『一家だんらんの家』新築工事
K様邸『通り土間のあるガレージハウス』新築工事
S様邸『羊の家』新築工事
S様邸『羊の家』新築工事(愛知県半田市)
【テーマ】
ワンちゃんとのエンジョイライフのための『羊の家』

着工から完成までの工事の様子をバッチリ紹介。
1,地盤調査 (H23.4.19)
新築工事に先立ち、地盤調査をします。
建物の4隅と中心の5地点で調査をします。
タケウチ技建では、すべての物件の地盤調査を行います。それがお客様に提供する弊社のあんしんです。
2,地鎮祭 (H23.6.8)
萱津神社の神主さんによって土地の神様に工事の安全祈願です。
3,外構工事 (H23.6.9)
先ずは、土地の外周に化粧ブロックを積みます。
続いて、表面のガラを漉き取って山砂で20cmほど盛り土をします。
これでワンちゃんも安心して庭を走りまわれます。
4,遣り方 (H23.7.5)
地鎮祭と一部外構が終了し、遣り方(ヤリカタ)を設置。
『遣り方』とは、今後のすべての工事の基準を記す重要な作業です。
水杭に高さの基準を出し、水貫を水平に打ち付け、建物の壁芯(通り芯)を記します。

GL=グランドライン
土地を測量し、設計にて設定した地盤の高さです。
5,地盤補強工事 (H23.7.8~)
地盤調査の結果、柱状改良工法に決定しました。

オーガーで支持地盤(硬の地盤)まで空堀り→セメントミルクを注入→
固化剤混合攪拌→柱状杭頭の処理、レベル確認
以上の手順で58ヶ所施工。
6,基礎工事 (H23.7.12)
基礎工事の着工です。もちろん丈夫いでおなじみのベタ基礎です。
バックホーで地盤を掘り進みます。(バックで掘るのでバックホー???とか…)
掘削が終ると砕石を敷いて、転圧プレートで十分に突き固めます。
模 型
タケウチ技建は、全棟模型を制作します!

模型を使っての打合せは、図面だけと比べ、
より具体的に納まりがイメージできます。

お客様との打合せも、職人への指示も的確となり、とても好評です。

タケウチ技建だからこその取り組みです。

上 : 外観

下左 : 1階内観    下右 : 2階内観  
7,基礎工事 (H23.7.21)
基礎の鉄筋組みです。第三者機関ERIによる
厳しい鉄筋検査もラクラク合格し、底盤のコンクリートを打設(だせつ)。

【トンボ】 コンクリートを平坦に下均しします。
【バイブレーター】 コンクリートを振動で攪拌し、密度を向上させる。
【ダンピング】 強くたたいて表面の骨材を沈め、上面密度を向上させる。
8,基礎工事 (H23.7.27)
脱型(型枠を撤去)し、丈夫いでおなじみのベタ基礎の完成です。


【アンカーボルト】 土台を基礎に緊結するためのボルト。
【ホールダウン金物】 構造躯体(柱)と基礎を固定・緊結し、
地震や台風で柱が土台から抜けるのを防ぐために必要不可欠な金物。
9,給排水設備工事 (H23.7.28)
内部の床下配管を先行して施工します。
水・湯の配管は、複数同時に使用しても流量が変わらないヘッダー工法です。
10,土台 (H23.8.4)
基礎の天端に通気用のパッキンを敷き、桧の土台をのせます。キソパッキング工法です。
土台と共に床を受ける大引きは鋼製束で受けます。
桧・キソパッキン・鋼製束の3点で薬の散布なしでも10年の「シロアリ補償制度」が受けられます。
11,1階床 (H23.8.5)
土台・大引きの間に床の断熱材を密に敷き詰めます。
その上に特厚合板を敷きます。
12,外部足場組 (H23.8.8)
建物周りの埋め戻し・整地等が完了し、外部の足場を組みます。
建て方の前に足場を組む、先行足場工法です。
いよいよ、10日の建て方を待つばかりです。
13,棟上げ (H23.8.10)
いよいよ建て方です。晴天、今日も暑くなりそうです。
まずは、1階の柱を建てます。
14,棟上げ (H23.8.10)
柱に梁をかけます。1本又1本、レッカーで吊り揚げ手際よく組み建てていきます。
手前に見えている長い柱は、2階まで伸びた通し柱です。
15,棟上げ (H23.8.10)
梁の固定が完了し、2階の床下地となる構造特厚合板を張ります。
「剛床(ごうしょう)工法」と言って、地震や台風による建物のねじれを防ぎます。
16,棟上げ (H23.8.10)
続いて、2階の柱を建てます。
17,棟上げ (H23.8.10)
2階も1階と同様に梁を架けます。
18,棟上げ (H23.8.10)
屋根裏になる大屋根の小屋を組みます。
最上部の棟木も架かり、棟上げ完了。

『祝・上棟』
19,棟上げ (H23.8.10)
2階外壁面に構造用面材を張ります。
地震や台風による建物のねじれを防ぎます。
20,棟上げ (H23.8.10)
下屋(1階部分の屋根)の小屋組です。
21,棟上げ (H23.8.10)
骨組みが姿を現しました。
木造軸組み工法ならではの見事な構造美です。
今年一番の暑さの中、本日の作業が完了しました。
22,屋根仕舞い (H23.8.11)
レッカーで屋根パネルを伏せます。
パネル内部には断熱材が充填されています。
23,屋根仕舞い (H23.8.11)
天窓の取付。
壁面に取付けられた同寸法の窓の3倍の明るさです。
24,屋根仕舞い (H23.8.11)
屋根パネルを伏せ終え、ルーフィングを敷きます。
これで雨が降っても安心です。
25,外壁構造面材 (H23.8.11)
1階の外壁面にも構造用面材を張ります。
その名は『あんしん』(商品名)と、いいます。
26,構造金物 (H23.8.17)
構造金物の取付。

ホールダウン金物:基礎と柱を緊結し、地震や台風で柱が土台から抜けるのを防ぐ
筋交金物:柱と梁を結ぶ筋交を緊結
4,地盤補強工事 (H22.4.28~) 4,地盤補強工事 (H22.4.28~)
27,造作工事 (H23.8.19)
アルミサッシの取付。
28,電気設備工事 (H23.8.23)
電気の配線工事です。
分電盤が取り付く位置にすべての配線が集まっています。
29,造作工事 (H23.8.24)
外部に面した壁には、密に断熱材を充填します。
羊毛断熱材(厚み100mm)←『羊の家』

梅雨時は除湿し、乾燥時は加湿します。さらに住まいから発生する有害物質を除去するなど空気の浄化作用もあります。
日本の気候風土に適合した安全・安心の断熱材です。
30,空調設備工事 (H23.8.27)
天井下地組みに先行して、天井埋め込みの空調機器を吊りこみます。
31,造作工事 (H23.8.29)
空調配管・機器の吊りこみが完了し、1階・2階の天井木軸下地組みです。
32,ユニットバス工事 (H23.8.31)
ユニットバスが取り付きました。
ユニットバスは、ばらばらのパーツを現場で組み立てます。
33,サッシ工事 (H23.9.1)
サッシの雨戸シャッター取付。
34,造作工事 (H23.9.1)
サッシ額縁の取付。
35,造作工事 (H23.9.6)
2階床フローリング張り。
1部屋ごとに張り終えたら養生します。
36,屋根工事 (H23.9.9)
屋根のいぶし瓦葺きです。
37,造作工事 (H23.9.9)
天井・壁のプラスターボード張り。
38,外壁工事 (H23.9.16)
風は透すが水は透さない魔法?のシート。
透湿シートを全面に張り、桧の胴縁を打ち付けてサイディングを張ります。
39,床暖房工事 (H23.9.16)
電気式の床暖房です。
厚さ1㎜以下のヒーターを敷き込み、床下で配線を接続します。
40,外壁工事 (H23.9.29)
外壁のサイディング張りが完了しました。
41,造作工事 (H23.10.1)
階段の施工。今回は、デザイン階段です。
デザインを重視したタイプで、ケコミ板がなく、とても開放的です。
踏み板はフロアーと同柄で、受けの桁は白の2色使いです。
42,造作工事 (H23.10.6)
1階のフロアー張りです。
特厚構造合板の上に敷かれた床暖房のヒーターを挟み込んでいきます。
43,造作工事 (H23.10.12)
木製建具の枠を取り付け。
44,塗装工事 (H23.10.12)
破風・鼻隠し、軒天井の塗装です。
45,樋工事 (H23.10.24)
雨樋の取付です。
46,外装工事 (H23.10.24)
建物正面の2階部分にアクセントとなる、アルミの格子を掛けました。
47,造作工事 (H23.10.27)
木製幅木を取付けて、造作工事の完了です。
48,家具工事 (H23.11.10)
下足箱、収納棚などのオーダー家具の取付です。
49,外構工事 (H23.11.11~)
建物の工事も仕上がりにかかり、外構工事の着工です。
50,内装工事 (H23.11.14~)
天井・壁のクロス貼り。
トイレ、洗面の床は、クッションフロアーを貼ります。
51,システムキッチン工事 (H23.11.21)
システムキッチンと、食器・家電棚が設置されました。 4,地盤補強工事 (H22.4.28~) 4,地盤補強工事 (H22.4.28~)
52,建具工事 (H23.11.25)
和室の製作建具です。
仏間の折戸と、雪見障子です。
53,器具取付 (H23.12.1)
キッチンにつづき、照明器具・設備機器もつきました。
54,建具取付 (H23.12.4)
洋室にも既製品の建具がつきました。
55,内装工事 (H23.12.12)
室内のクリーニングを終え、和室の畳を敷きこみました。
いぐさの香りがとても心地好いです。

これで、建物の工事がすべて完了しました。
56,外構工事 (H23.12.17)
建物に続き、外構工事も完了しました。
57,最終回
ワンちゃんとのエンジョイライフのための『羊の家』が完成しました。
玄関ホール

オリジナル家具の玄関収納です
LD

左:玄関ホール側からリビングを見る。
  収納豊富なオリジナルTV台家具です。

右:掃き出し窓側からリビングを見る。
  障子を開け放つと、和室と一体の大空間になります。
キッチン

リビングからキッチンを見る
 。
和 室

和の空間をモダンに表現しました。
縁 側

障子を開け放すとリビング、和室といったいになる縁側です。

南側に面しており、日当たりもよく、ワンちゃんの遊び場です。

寝 室

奥の扉を開けると、寝室専用のトイレが併設されています。
トイレ

一般用のトイレです。

洗面脱衣室

床暖房・エアコン完備で、冬の寒さも心配いりません。
玄関ホール・階段

デザイン階段にオリジナルの格子を組み合わせました。
4,地盤補強工事 (H22.4.28~) 4,地盤補強工事 (H22.4.28~)
2階洋室・収納室

左:洋室

右:収納室
南面全景

南側に面した大きな窓から注がれる陽射しが、穏やかな雰囲気で住まいを彩っています。

お客様とワンちゃんとの新居での希望に満ちた暮らしを予感させます。
 
資料請求はこちらから
 
Page Top
*

HOMEタケウチ技建とは家づくりのサポーター雨楽な家R+house現場リポートインフォメーションお客様窓口

COPYRIGHT(C) (有)タケウチ技建 ALL RIGHTS RESERVED.